スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はくちゅうむ

昼下がりに見た夢

叶わないと知りながら

何故君は願うの。



夢は幻想(ゆめ)のままなのに。



時を越えて 尚 君は願う

とおくとおく

ずっとずっと

いつまでも願った。




さよならも言わずに

夢を追った君の後姿は

ただただ前から消えていく。



君の思い出が

記憶のパノラマから分散した時

君は、僕は どこにいますか。



僕の背を踏み台にした君は

夢見た場所にいますか。



きっとそこに僕という記憶は ないかもしれないけれど



僕は思い出の中に君を いつまでも

投射し続けてる

叶わない夢と知りながら。



色褪せずに思い続ける。

コメント

非公開コメント

et cetera!
MONTHLY ARCHIVE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。